悪意 東野圭吾原作 文庫本 - 東野圭吾 おすすめ 推理小説 ランキング 文庫本 単行本 DVD

悪意 東野圭吾原作 文庫本

悪意 東野圭吾原作 文庫本

超一流のフー&ホワイダニットによってミステリの本質を深く掘り下げた東野圭吾文学の最高峰「悪意」

悪意 東野圭吾原作 文庫本

原作:東野圭吾

出版:講談社(文庫本)376ページ

発売:2001/1/17




「悪意」

犯人が決して語らぬ動機、加賀恭一郎刑事の推理は!?

誰が? なぜ殺したのか!? 超一流の「フー&ホワイダニット」

人気作家・日高邦彦が仕事場で殺された。

第一発見者は、妻の理恵と被害者の幼なじみである野々口修。

犯行現場に赴いた刑事・加賀恭一郎の推理、逮捕された犯人が決して語らない動機とは。

人はなぜ、人を殺すのか。

超一流のフー&ホワイダニットによってミステリの本質を深く掘り下げた東野圭吾文学の最高峰。


レビュー1

「悪意」は、今までの小説と一味も二味も違ったものでした。

今までの小説は「なるほど」と思っていくものが多いのですが。

「悪意」は読んでいくにつれ、「え・・・・」となっていまうのです。

1つの事件から見えてくる、その人の人間性や考え。

とても奥の深い小説だと思います。

これは是非1度読んでみてほしいです。


レビュー2

こういうチャレンジな作品、好きです。

全てがレポート感覚で進んでいくのであらゆる視点から観察していくところがこの作品「悪意」のミソではないでしょうか。

作品の約半分でいきなり事件は終息を迎えるのですがそこからが俄然おもしろくなります。

犯人のちょっとした文章表現から加賀恭一郎はいろんな推察をしていくことになるのですがその追い込み方がいい。

いかにも加賀恭一郎です。

「悪意」は東野圭吾作品の中でも傑作に入ると思いますよ。

また加賀恭一郎がなぜ教師を辞め、刑事になったのかを知るエピソードと絡めてあるところも見所です。



     ↓ ↓ ↓ 

point11_2.gif 「悪意 東野圭吾原作 文庫本」の詳細を見る


最近の記事
FX業者のスペック QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。