手紙 東野圭吾原作 文庫本 - 東野圭吾 おすすめ 推理小説 ランキング 文庫本 単行本 DVD

手紙 東野圭吾原作 文庫本

手紙 東野圭吾原作 文庫本

犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作、東野圭吾「手紙」

手紙 東野圭吾原作 文庫本

原作:東野圭吾

出版:文藝春秋(文庫本)428ページ

発売:2006/10




「手紙」

本格推理から学園ミステリー、パロディー小説や絵本など、さまざまな作風で読者を魅了しつづける著者「東野圭吾」が、本書「手紙」でテーマに据えたのは、犯罪加害者の家族。

犯罪が、被害者や加害者だけではなく、その家族にまで及ぼす悲しい現実を見据えた意欲作である。

殺人犯の弟という運命を背負った高校生が成人し、やがて自分の家族を持つにいたるまでの軌跡を、大げさなトリックやサスペンスの要素を用いることなく、真正面から描ききっている。

武島直貴の兄・剛志は、弟を大学に入れてやりたいという一心から、盗みに入った屋敷で、思いもかけず人を殺めてしまう。

判決は、懲役15年。

それ以来、直貴のもとへ月に1度、獄中から手紙を送る剛志。

一方で、進学、恋人、就職と、つかもうとした人生の幸福すべてが「強盗殺人犯の弟」というレッテルによって、その手をすり抜けていく直貴。

日を追うごとに、剛志からの手紙は無視され、捨てられ、やがて…。


レビュー1

「手紙」は映画化もされて、いまはどこの本屋さんにも平積みになっているベストセラーだが、やはりそれだけのものがある、とすべて読み終わってそう思えた。

強盗殺人犯の弟として生きていく、というところに遥か自分とは遠い世界を思っていた。

しかし、その世界は決して遠いところにあるものではなく、自分のすぐ隣、身近にあるものだった。

そう気付かせてくれる小説「手紙」である。

「強盗殺人」というもの自体、多くの人にとっては縁遠く感じているものだが、この小説「手紙」に出てくる人物は決して特別ではない。

直貴を繰り返し繰り返し苦しめてしまうのは周囲の人物に違いはないのだが、特別に嫌な性格の人物たちが集中しているわけではなく、自分の胸に手をあててみてもいろんな面で理解可能な周囲の人たちの行動の連続なのである。

様々なきっかけを読んだ人に与えてくれる小説「手紙」である。

「手紙」は、考えていた以上に、ずっしりとたくさんの気持ち、書く人読む人両方の気持ち、を運んでいた。


レビュー2

涙が止まらない。

感動の涙ではなく、何なんだろう、これは。

どう表現すればいいんだろうか。

不惑真っ盛りのおじさんを泣かせる、こういう作品は罪だ。

改めて著者「東野圭吾」の底力を見たような気がする。

出だしはいつものとおりの野暮ったさ。

いつもの東野圭吾、決してうまい文章ではない。

しかし、気がついたときにはぐいぐい引き込まれていることに気づく。

パズルのピースをはめ込むような計算された展開が少々鼻につくが、それも気にならなくなってくる。

弟を大学に進学させたいばかりに強盗殺人を犯した兄、そして兄想いの弟。

ふたりの絆や心の変化を、刑務所にいる兄からの手紙をキーワードに語っていく。

犯罪とは?差別とは?兄弟とは?人と人との絆とは?そして、現実から逃げることなく強く生きていくということとは?著者「東野圭吾」がこの作品に込めたねらいは何だったんだろうか。

自分が流した涙の意味もわからない。

心の奥底で反芻しながら考えてみたくなった。



     ↓ ↓ ↓ 

point11_2.gif 「手紙 東野圭吾原作 文庫本」の詳細を見る


東野圭吾原作「手紙」単行本はこちら


最近の記事
FX業者のスペック QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。