むかし僕が死んだ家 東野圭吾原作 文庫本 - 東野圭吾 おすすめ 推理小説 ランキング 文庫本 単行本 DVD

むかし僕が死んだ家 東野圭吾原作 文庫本

むかし僕が死んだ家 東野圭吾原作 文庫本

ミステリー界の大人気作家、東野圭吾が描く本格ミステリー「むかし僕が死んだ家」

「あたしは幼い頃の思い出が全然ないの」

むかし僕が死んだ家 東野圭吾原作 文庫本

原作:東野圭吾

出版:講談社(文庫本)314ページ

発売:1997/5/14




「むかし僕が死んだ家」

「あたしは幼い頃の思い出が全然ないの」。

7年前に別れた恋人・沙也加の記憶を取り戻すため、私は彼女と「幻の家」を訪れた。

それは、めったに人が来ることのない山の中にひっそりと立つ異国調の白い小さな家だった。

そこで二人を待ちうける恐るべき真実とは……。

超絶人気作家が放つ最新文庫長編ミステリ。


レビュー1

面白い。

真冬のこの時期に徹夜して読んでしまった・・・。

最初からホラー調で、正直深夜に一人で読むのは怖かった。

まるで自分が不気味な屋敷に迷い込んでしまったみたいで、埃っぽさまでリアルに伝わってくるようであった。

読み進めても全く謎がわからず、どんどん引き込まれページをめくる手が止まらない。

最後はなるほどと思わせ、読後感は良い、とともに少し寂しさを感じさせるのは東野作品のお約束か。

人はそれぞれ人に言えない悩みを抱えて生きていくものであるということを、改めて痛感させられた。


レビュー2

ミステリー界の大人気作家、東野圭吾が描く本格ミステリー。

この人の魅力は、とにかく最後にものすごいすっきりさせてくれることにあると思う。

矛盾なく謎が解けるなんてのはもう当たり前で、それ以上に納得させてくれるものを十分に提示してくれる。

なんでだよー、なんて思わない。

そうだったのかぁ、と思わされる。

それも、こちらの想像していた以上のもので驚かせてくれる。

この小説「むかし僕が死んだ家」もある程度は結末が予想できたのに、読み終わったらやっぱり驚かされて、 しかもすっきりとさせられていた。

上手すぎるのがちょっと鼻につくが、それでも十分。

面白かった。



     ↓ ↓ ↓ 

point11_2.gif 「むかし僕が死んだ家 東野圭吾原作 文庫本」の詳細を見る


最近の記事
FX業者のスペック QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。