白夜行 東野圭吾原作 DVD - 東野圭吾 おすすめ 推理小説 ランキング 文庫本 単行本 DVD

白夜行 東野圭吾原作 DVD

東野圭吾原作 白夜行

累計200万部突破!

<東野圭吾>文学最高峰「白夜行」を喝采の映画化。

日本映画史上に残る、衝撃のサスペンス「白夜行」がDVD&BDでいよいよ解禁。

白夜行 東野圭吾原作 DVD

原作:東野圭吾

監督:深川栄洋

出演:堀北真希, 高良健吾, 姜暢雄, 緑友利恵, 粟田麗




「白夜行」

【ストーリー】

19年前の密室殺人。

容疑者の娘と被疑者の息子。

粉々に砕けたパズルのピースがはまる時、刑事は何を見るのか-

密室となった廃ビルで、質屋の店主が殺された。

決定的な証拠がないまま、事件は被疑者死亡によって一応解決をみる。

しかし、担当刑事の笹垣(船越英一郎)だけは腑に落ちない。

容疑者の娘で、子供とは思えない艶やかさを放つ少女・雪穂と、被疑者の息子で、どこか暗い目をしたもの静かな少年・亮司の姿がいつまでも目蓋の裏を離れないのだ。

やがて成長した雪穂(堀木真希)と亮司(高良健吾)。

全く面識のないはずのふたりの周辺で、不可解な事件が続発する。

そして刑事退職後も真相を追い続ける笹垣自身も命を狙われ、ついに思いに至るのだった。

19年前の驚愕の真実と、そこで結ばれた固い絆の存在に・・・。

【初回生産限定仕様】

スリーヴケース

【特典映像】

メイキング・オブ・白夜行/予告編集

【スタッフ】

原作:東野圭吾「白夜行」(集英社刊)

脚本:深川栄洋/入江信吾/山本あかり

音楽:平井真美子

撮影:石井浩一

照明:椎原教貴

録音:林大輔

美術:岩城南海子

主題歌:「夜想曲」珠妃 produced by agehasprings (TOY'S FACTORY)

監督:深川栄洋

【キャスト】

堀北真希 高良健吾 姜暢雄 緑友利恵 粟田麗 今井悠貴 福本史織 斎藤歩 中村久美 田中哲司 戸田恵子 船越英一郎

(C)2011映画「白夜行」製作委員会


レビュー1

ドラマ版【白夜行】の原作とかけ離れた感情描写には憤慨していたので、今作は雰囲気的に限りなく原作「白夜行」の世界観に忠実に描かれていたと思います。

勿論、時間の関係上削ぎ落とされてしまった物語の旨味などは多々あります。

例えば原作の「白夜行」では中盤から大活躍した探偵の今枝さんが劇中では一瞬にして消されてしまっていた事。

また、雪穂に魅了されつつも唯一握中に落ちなかった篠塚一成が“夫”としてすり代わってしまっていた事など(探偵との推理描写のやりとりが秀逸でした)

雪穂と亮司、二人が一体どんな道を歩んで来たのか…どんな想いを持って白夜のような薄暗い闇の中を生きて来たのかは、原作の「白夜行」では一切語られません。

二人に操られ、翻弄されて来た周囲の人間たちに因って真実は徐々に炙り出されてゆきます。

キャストについては賛否両論ですが、亮司役を演じた高良健吾さんのナイフのように鋭く研ぎ澄まされた暗い眼差しには見入ってしまいました。

全ての汚濁を湛え一切の感情を排したような哀しい瞳には、運命から逃れられない性も感じさせ、胸が苦しくなります。

一方の雪穂役の堀北真希さんも健闘していましたが、若さ故に底冷えする程の悪女の怖さ、狡猾さなどは表現しきれていなかったと思います。

それでも、彼女がウェディングドレスに身を包み、ウィンドウの向こう側に佇む大切な存在に向かって微かに微笑むシーンには涙してしまった。

この一瞬のためだけにそれまで起きた出来事のすべてが報いられたような…二人の絆の深さに心が痛くなりました。

エンディングの回想シーンにこの物語「白夜行」の救いが見いだせた気がします。

「白夜行」ドラマ版を観た方は是非ご鑑賞される事をお薦めします。


レビュー2

東野圭吾さんのベストセラー、白夜行の映画盤を見事に堀北真希さんが演じていると思います。

[あくまでも個人的意見なのでそう思われない方もいらしゃられると思いますが]

綺麗事を言えば、堀北さんのダンスシーンが見たいために購入しました。

[映画の中ではカットされた]

いやらしい面では、堀北さんのガウンを脱いで、夫の妹に乗りかかって、襲うシーンがもう一度見たいため購入しました。

エロですみません。

全体的には泣けました。

特に笹垣と篠塚が雪穂の過去について語るシーン、雪穂が悪い大人達に買われているシーンは堀北さんとダブらせて見てしまったかもしれませんが、後、最後の亮司と雪穂の幼少時代の遊ぼう、遊ぼうと言って表に無邪気に遊びに行くシーンはあんな悲惨な体験がなければ、普通の事であるだろうに、亮司と雪穂にとっては特別の事だったのだろうと思い泣けました。

話があちこち飛びますが、最後に堀北、演じる雪穂が高良、演じる亮司が自殺してしまった後に船越、演じる笹垣にこの人を知りませんか?と言われたシーンで堀北、演じる雪穂が私は知らないと言って、立ち去るシーンはテレビ盤の綾瀬、演じる雪穂よりも、雪穂が怖く感じられました。

いずれにせよ、買って損のない商品だと思います。




     ↓ ↓ ↓ 

point11_2.gif 「白夜行 東野圭吾原作 DVD」の詳細を見る




「白夜行」文庫本はこちら

「白夜行」単行本はこちら


最近の記事
FX業者のスペック QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。