夜明けの街で 東野圭吾原作 単行本 - 東野圭吾 おすすめ 推理小説 ランキング 文庫本 単行本 DVD

夜明けの街で 東野圭吾原作 単行本

東野圭吾原作「夜明けの街で」

幸福な家庭で起きた殺人事件。 まもなく時効を迎える。 僕はその容疑者と不倫の恋に堕ちた―。

夜明けの街で 東野圭吾原作 単行本

原作:東野圭吾

出版:角川書店(単行本)336ページ

発売:2007/07




夜明けの街で

渡部の働く会社に、派遣社員の仲西秋葉がやって来たのは、去年のお盆休み明けだった。

僕の目には若く見えたが、彼女は31歳だった。

その後、僕らの距離は急速に縮まり、ついに越えてはならない境界線を越えてしまう。

しかし、秋葉の家庭は複雑な事情を抱えていた。

両親は離婚し、母親は自殺。

彼女の横浜の実家では、15年前、父の愛人が殺されるという事件まで起こっていた。

殺人現場に倒れていた秋葉は真犯人の容疑をかけられながらも、沈黙を貫いてきた。

犯罪者かもしれない女性と不倫の恋に堕ちた渡部の心境は揺れ動く。

果たして秋葉は罪を犯したのか。

まもなく、事件は時効を迎えようとしていた・・・。


レビュー1

本来作家というのはミステリーであろうと童話であろうと、読む者を惹き付けるのが仕事だと思っています。

東野圭吾さんもミステリー作家という枠ではなく、一人の作家である訳ですからミステリーとしての評価ではなく作品としての評価を得るべきですし、ご本人もそれを望んでいるはずです。

東野圭吾さんの作品の中では、私は間違いなく一番を付けたい作品「夜明けの街で」です。

ページをめくるごとに、ため息を付きながら、喪失感を味わいながら読み進めました。

主人公の渡部ではなく秋葉の心が掴めないから・・・刻々と移り変わる状況の中で秋葉の気持ちを捉える事が出来ないから彼女が何を考えどうしようとしているのかを追いかけるうちに、完全に物語の中に入ってしまいました。

最高です!

読み終わった後の苦い思いと、報われることのない一人の大人の女性に涙しました。


レビュー2

赤い糸か。

そんなものはない。

これは断言できる。

ふとしたきっかけで不倫関係に陥った渡部。

そして、不倫相手の秋葉には、15年前の殺人事件の疑惑が浮上した。

ありえないぐらい一途で、報われない男の愛を「白夜行」や「容疑者Xの献身」で描いてきた東野圭吾氏であるが、本作「夜明けの街で」の主人公は全く毛色がちがう。

いわゆる普通のおじさん。

かっこよくもなければ、強い決意も、覚悟もない。

でもその分だけ、彼の反応には共感できる部分が多い。

不倫に陥ったまじめな男の心理が非常によく描かれている。

相手への誠意を尽くそうとする気持ちと、安定した生活を捨てて、奥さんとの修羅場を選ぶことをためらう気持ちとの葛藤。

身につまされる話だ。

ミステリー部分は、まあそんなものかな。

という程度であるが、不倫の心理描写の部分は、番外編の「新谷君の話」も含めて、非常にリアルで面白い。

東野圭吾氏の他の作品のような「熱い」思いはないが、これはこれで楽しめる作品「夜明けの街で」であった。



     ↓ ↓ ↓ 

point11_2.gif 「夜明けの街で 東野圭吾原作 単行本」の詳細を見る


東野圭吾原作「夜明けの街で」文庫本はこちら

最近の記事
FX業者のスペック QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。