同級生 東野圭吾原作 文庫本 - 東野圭吾 おすすめ 推理小説 ランキング 文庫本 単行本 DVD

同級生 東野圭吾原作 文庫本

東野圭吾原作「同級生」

青春学園ドラマに社会性が盛り込まれた充実作品「同級生」

同級生 東野圭吾原作 文庫本

原作:東野圭吾

出版:講談社(文庫本)378ページ

発売:1996/8/8




同級生

レビュー1

本書「同級生」は東野圭吾が得意とする青春推理ミステリーであり、舞台はふたたび高校(『放課後』とは異なり共学)である。

一読した限りでは、事件性への執拗なこだわりというよりは、まさに同級生を主題とした―本書全体に哀愁・葛藤なるものを漂わせてはいるが―爽快な学園ドラマという印象が強かった。

私のような単純な消費者は、本書「同級生」に付された「ターニングポイントとなった傑作!」という帯の一文に惹かれて購入するに至ったわけだが、読了してもその「ターニングポイント」が何を意味しているのかよく分からなかった。

巻末の「解説」も大して参考にはならなかった。

「転換点」というからには、それ以前の東野圭吾作品との決定的ともいうべき違いが明瞭に伝わってくるはずであるが、未熟な私には消化不良の感が拭えない。

『放課後』では数学教師が最も重要な主人公であり、最終的には彼が犯人を突き止めてゆく展開構成であったのに対し、本書「同級生」では主に「男子高校生の目線」で物語が進行している。

○○が殺害されてエンディングを迎える前者とは異なり、「同級生さ」という爽やかなセリフで本書を閉じているのもまことに後味がよい。

教師嫌いで有名な東野圭吾氏にしては、教師への反発心は抑制され、むしろ教師のあり方を冷静に捉えている点も興味深い。

「同級生」という懐かしい響きに誘われて一気に読み終えたが、高校生のリアルな素性を鮮明に描き出した力作であることは間違いない。

いずれまた本書「同級生」を読み返すときがくるであろうが、そのときには自信をもって、本書「同級生」がいかなる意味で「ターニングポイント=転換点」をなす作品であるのかを喝破してみたいものだ。

「同級生」―私のかつての同級生らは今どうしているんだろうか。


レビュー2

序章で書かれていたことが、ほとんど本編と関連性がなく不思議に思っていた。

しかし、読み進めていくうちに序所にわかっていき、最後には「なるほど、こういうことだったのか」と唸ってしまった。

 

関連性のない話を並べて、これとこれは関連性が全くないと思わせておいきながら、最後にはちゃんとつながっているというのは、東野圭吾作品にはよく見られる。

このような作品を読むと、「この手のミステリー小説を書かせたら東野圭吾の右に出るものはいないだろう」と毎回思わされる(もっともミステリは東野圭吾以外ほとんど読んだことがないのだが)。

本作品「同級生」はミステリーとしてもとても面白いのだが、それ以上に「社会性」を取り入れているところが凄い。

「社会派作品」と呼べる作品は、「天空の蜂」「さまよう刃」などあるが、これらは「ミステリー小説」の要素はそんなに強くない。

しかし、本作品「同級生」はミステリー小説の中にさりげなく、絶妙に含まれている。

これには「素晴らしい」という言葉以外浮かんでこない感じだ。

最近はよく東野圭吾作品が映像化されている。

それを見て東野圭吾に興味を持った人には是非読んでもらいたい。



     ↓ ↓ ↓ 

point11_2.gif 「同級生 東野圭吾原作 文庫本」の詳細を見る


最近の記事
FX業者のスペック QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。