天空の蜂 東野圭吾原作 文庫本 - 東野圭吾 おすすめ 推理小説 ランキング 文庫本 単行本 DVD

天空の蜂 東野圭吾原作 文庫本

東野圭吾原作「天空の蜂」

驚愕のクライシス・サスペンス!

天空の蜂はいかなる毒針を刺そうとするのか!?書下ろし900枚!

前代未聞!原発を揺さぶる空からの脅迫。

圧倒的迫力で描くクライシス・サスペンス

天空の蜂 東野圭吾原作 文庫本

原作:東野圭吾

出版:講談社(文庫本)634ページ

発売:1998/11/13




「天空の蜂」

「爆発物を積載した超大型ヘリを高速増殖炉に墜落させる。それを防ぎたければ日本中の原発を即刻使用不能にせよ」──。 「天空の蜂」と名乗る犯人が仕組んだ恐るべき犯行。

超大型ヘリはすでに原子炉上空千数百メートルでホバリングを始めていた。

だが犯人にも誤算があった。

コンピュータによって遠隔操作されるヘリ内部には、子供が閉じこめられていたのだ。

原発が、子供が、日本が危ない!!


レビュー1

今こそぜひ、日本中の方に読んでもらいたい本です。

私たちの生活(収入)に無理のない範囲で昼夜を問わず自由に電気を使えるのは薄氷の上を歩むような、危険と紙一重の技術や努力と、『今のところ何も起こってない』だけの運の上に成り立っていることが分かるでしょう。

この作品「天空の蜂」が単なる娯楽小説であるだけなら、犯人はこんな犯罪を行いません。

犯人はこう言います。

『原発は必要だけれども、事故は起こすなというのは、交通手段が他にないから飛行機には乗るけれど、事故を起こすなと言うのと同じ。

技術と努力で事故を起こす確率を下げることはできるが、決してゼロにはできない。

搭乗券を買った覚えはないかもしれないが、日本国民は原発という飛行機にもう乗ってしまっている。

ただ、その飛行機を飛ばさないという選択もできる。

一部の活動家は主張をするが、大部分は沈黙の乗客だ。

彼らが何を考えているかはどこにも誰にも伝わらない』

作中の災厄である『天空の蜂』は、2011年3月11日、未曾有の地震と津波という形で私たちの現実に墜ちてきました。

犯人はむき出しの燃料プールを傷つけることを恐れあえて地下にプールがある高速増殖炉を狙いましたが、現実はもっと悲惨なものとなりました。

立場が偏らないよう気をつけて書いたという言葉どおり、作者「東野圭吾」自身の主義は作中では表現されていません。

しかし、原発を推進する立場、反対する立場、無関心な立場、様々な立場の登場人物が、様々な立ち位置から原発を捉え、語っています。

危険=反原発と短絡的になるのではなく、『見たくないもの、目をつぶって済むならそうしたいものにも目を向けなければならない。

事実を正しく知った上で、YesかNoを選択せねばならない。

知らないところで勝手に決まってしまったから仕方がないではない。

知ることが、利便や利益を享受する国民の義務なのだ』

それこそが作者「東野圭吾」の伝えたいことではないでしょうか。

『そもそも夏ってのは暑いものなんだ』

とある登場人物の言葉です。

計画停電で不便をこうむっている今、そして来る夏こそエネルギーについて真摯に知る、考えるチャンスが私たちに与えられているのかもしれません。


レビュー2

実におもしろい!

そしてすごく考えさせられる、奥深い作品「天空の蜂」。

ぜひみなさんに読んでほしいおすすめ本です。

話は原発へのテロ。

「原発」と「テロ」という組み合わせが、いかにもたいしな中身でなくても、おもしろい内容になりそうな、そういういやらしい題材の選びなのかなと思ったが、まったくそうではない。

単に原発の批判しているだけじゃない。

単に日本でのテロの危険未来シミュレーションでもない。

それ以上にもっと奥深い問題。

原発の存在によって、一人一人の人間の日常生活が、具体的にどのように変わっていってしまうのか、単なる原発被害ではなく、人間の愚かしさと原発特性の勝手な恐怖感による、社会の歯車が狂っていく様を見事に描いていて、それでいてだから単純に原発が悪いだけではないという、そういうバランス感覚にも優れた素晴らしい作品「天空の蜂」だ。

特に最後の方で明らかになる事実がほんと驚愕。

なんとそんなことが・・・。

おもしろすぎる。

そしてほんと興味深い作品。

ぜひ読んでほしい。

特に原発の仕事をしている人や、原発の地域に住んでいる人に読んで欲しい。



     ↓ ↓ ↓ 

point11_2.gif 「天空の蜂 東野圭吾原作 文庫本」の詳細を見る


最近の記事
FX業者のスペック QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。