ゲームの名は誘拐 東野圭吾原作 文庫本 - 東野圭吾 おすすめ 推理小説 ランキング 文庫本 単行本 DVD

ゲームの名は誘拐 東野圭吾原作 文庫本

東野圭吾原作「ゲームの名は誘拐」

前代未聞の誘拐小説! 事件は犯人の側からのみ描かれる。果たして警察は動いているのか? 驚愕必至、東野圭吾充実の最新作!!

ゲームの名は誘拐 東野圭吾原作 文庫本

原作:東野圭吾

出版:光文社(文庫本)339ページ

発売:2005/6/14




「ゲームの名は誘拐」

秘密』 『白夜行』などで重厚な人間ドラマに新境地をひらいた著者「東野圭吾」が、ホームグラウンドともいうべきシンプルなミステリーの舞台に立ち返り、「ゲーム感覚の誘拐事件」を描く。

使い捨て携帯電話やインターネットの掲示板が事件の重要なカギを握るなど、時代の風俗をたくみに取り入れ、展開もアクロバティックでエンターテイメント性は十分だ。

映画『g@me』の原作だが、テンポのよさはいかにも映像化向きでもある。

やり手の広告代理店プランナーが、仕事上で屈辱を味わわされた大手自動車メーカー副社長への復讐を思いつく。

仕事も恋愛も人生はすべてゲーム、それに勝ち抜くことがすべてと信じるエリートのプライドが、この物語「ゲームの名は誘拐」の重要な背景となっている。

そこに家出中の副社長の娘が絡み、ラブストーリー的な要素も加わっていく。

おのおのの思惑が思わぬ方向に事態を変化させていくあたりは、稀代のストーリーテラーとしての著者「東野圭吾」の面目躍如だ。

こうした事件ものでは、複数の視点から立体的に描写をしていく手法が一般的だが、本作「ゲームの名は誘拐」では一貫して主人公の視点からの著述となっている構成もユニークだ。

読者にも、復讐相手の出方、警察の捜査などの状況はなかなか明確になってこない。

これがサスペンス的で緊迫した雰囲気をいっそう盛り上げている。

自信満々で鼻持ちならない登場人物のキャラクターをあえて強調するあたりも著者「東野圭吾」の計算どおりで、それだけにラストのどんでん返しが印象に残る。


レビュー1

「ゲームの名は誘拐」は、03年11月に「g@me」という名で映画化される作品の原作。

偶然、知り合った男女が狂言誘拐を企てるストーリーだが、ゲームの名の元に、それぞれの思惑が交錯しながら、事態は二転三転と。

そして最後には驚くべき仕掛けが・・・!?

この物語「ゲームの名は誘拐」は誘拐モノにありがちな被害者側からの視点ではなく、相手の動向を見つつも一瞬たりとも気が抜けない犯人側からの視点で書かれています。

1つ1つの行動をチェックする犯人の姿を想像すると、読んでいる人も興奮するはずです。

特に、解決編にはとてつもないトリックが隠されているので衝撃を受けるコト間違いなし!!

全体的に、長くもなく短くもなくでとても読みやすいです。

それにしても、東野圭吾氏の作品はとてもクオリティーが高い!!


レビュー2

東野圭吾氏の作品はどれも表情豊かで多彩ですね。

日生自動車メーカーからの依頼でオート・モービルパークのプロジェクトのサイバープランのリーダーの佐久間。

一旦はGOサインまでこぎつけるほど綿密なプランを立てたが・・・

新しく就任した副社長の葛城氏によって白紙撤回になってしまった。

佐久間を怒りに駆り立てた言葉・・・

「やり方は奇抜で短期的には注目を集めるが長期的視野に欠けている。

人の心が読めない・・・次回は先の先を読める人間に託したい・・・」

この言葉がきっかけになり佐久間氏はひょんな事から偽装誘拐を試みる・・・

「葛城氏はゲームの達人」を自称する

また佐久間氏も 人生はゲームだと・・・

この2人に勝利の女神はどちらに微笑むのか・・・

インターネットなど最新技術を駆使した偽装誘拐。

3億円の身代金は無事に佐久間氏の手に入るのか・・・

完全に犯人側の視点のみで描かれたこの作品は斬新的である。

話の展開はテンポよくスピーディーに進められるが佐久間氏の綿密な計算は計り知れない。

お見事ともいえるゲームの運び方がスリリングだ。

頭のキレは抜群で唸ってしまう。

決して佐久間氏の先見の能力がないわけではない!

最終場面は 東野圭吾ワールドで終盤を迎えるが・・・

ノンストップで読める愉快だ。

偽装誘拐した娘の心理描写のさらりとした描き方や「ゲーム」としての「掟」なる佐久間氏の思考描写は物凄く惹きつけられるものがある。

映画にもなったものであるが本書「ゲームの名は誘拐」をまた熟読するのもお奨めしたい。



     ↓ ↓ ↓ 

point11_2.gif 「ゲームの名は誘拐 東野圭吾原作 文庫本」の詳細を見る


「ゲームの名は誘拐」の映画化作品「g@me.」DVDはこちら

最近の記事
FX業者のスペック QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。