パラドックス13 東野圭吾原作 ハードカバー - 東野圭吾 おすすめ 推理小説 ランキング 文庫本 単行本 DVD

パラドックス13 東野圭吾原作 ハードカバー

東野圭吾原作「パラドックス13」

13時13分からの13秒間、地球は“P‐13現象”に襲われるという。何が起こるか、論理数学的に予測不可能。その瞬間―目前に想像を絶する過酷な世界が出現した。なぜ我々だけがここにいるのか。生き延びるにはどうしたらいいのか。いまこの世界の数学的矛盾を読み解かなければならない。

パラドックス13 東野圭吾原作 ハードカバー

原作:東野圭吾

出版:毎日新聞社(ハードカバー)480ページ

発売:2009/4/15




「パラドックス13」

「世界が変われば善悪も変わる。人殺しが善になることもある。これはそういうお話です」東野圭吾

運命の13秒。人々はどこへ消えたのか?

13時13分、突如、想像を絶する過酷な世界が出現した。

陥没する道路。

炎を上げる車両。

崩れ落ちるビルディング。

破壊されていく東京に残されたのはわずか13人。

なぜ彼らだけがここにいるのか。

彼らを襲った“P-13 現象”とは何か。

生き延びていくために、今、この世界の数学的矛盾(パラドックス)を読み解かなければならない!

張りめぐらされた壮大なトリック。

論理と倫理の狭間でくり広げられる、究極の人間ドラマ。

“奇跡”のラストまで1秒も目が離せない、東野圭吾エンターテインメントの最高傑作!「パラドックス13」


レビュー1

この物語「パラドックス13」では、最初にある現象が起きる。

P-13現象と呼ばれるものだ。

それが起きた後の世界は…それは読者自身で確かめてもらうしかない。

ひとつ言えるのは、P-13現象後の世界は、非現実的な世界だということだ。

仲間はわずか。

そうなった原因はつかめない。

状況はだんだん悪化していく。

そんな中、主人公の一人、誠哉はその原因を調べ、総理官邸に行き着く。

「パラドックス13」のストーリーは一種の人間の極限状況を描き出す。

そこで主人公たちは自分の根底にある価値観や道徳観を問われる。

人生の先輩に対する敬意の意味、安楽死に対する考え方など。

この作品「パラドックス13」を通して作者が語りたかったのは、たぶんそういうことではないだろうか。

読者は常に自身に問うことになる。

この場合、自分だったらどうするのか。

この場合は?と。

何とか生き延びようとする主人公たちのサバイバルは続く。

物語の後半になると、P-13現象の全貌が明らかになる。

しかし、それはあまりに過酷な現実だった。

しかし、読後感はそれほど悪くない。

一気に読ませる、ジェットコースターノベルといえる。


レビュー2

予備知識ナシで読み始めたせいか、次の展開が気になって一気に読んでしまいました。

リアルな日常生活を舞台にした陰惨な人間ドラマって、時に読んでいる側も暗澹たる気持ちになってしまうことがありますが、本書「パラドックス13」のような非現実的な世界が舞台だと、あくまでも映画を観るような気分で、楽に楽しめます。

会話を中心とした文章なんでサクサクと読み進められますし。

コアな東野圭吾ファンにはあまり評判がよくないみたいですけど、個人的には、「こういう小説も書けるんだあ」と、新鮮な気持ちで読めました。

並行世界で東京が壊滅していく描写などはとてもスリルがありましたし、人間ドラマの部分も、東野圭吾節を利かせながらも緊張感があって、面白かったと思います。

設定はありえないけど、こういう世界が絶対にないとは言い切れないという想像の余地を残してくれたところが特に気に入りました。

予備知識ゼロで手にとって読むのがオススメですが、出版社としては扇情的な文句で読者の興味を惹かなければならないわけで、まさにパラドックスですね。(笑)



     ↓ ↓ ↓ 

point11_2.gif 「パラドックス13 東野圭吾原作 ハードカバー」の詳細を見る


最近の記事
FX業者のスペック QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。