名探偵の掟 東野圭吾原作 文庫本 - 東野圭吾 おすすめ 推理小説 ランキング 文庫本 単行本 DVD

名探偵の掟 東野圭吾原作 文庫本

東野圭吾原作「名探偵の掟」文庫本

快刀乱麻の名探偵・天下一大五郎が難事件に挑む。

密室トリック、首なし死体、消えた凶器……

97年版『このミステリーがすごい!』第3位「名探偵の掟」

名探偵の掟 東野圭吾原作 文庫本

原作:東野圭吾

出版:講談社(文庫本)348ページ

発売:1999/7/15




「名探偵の掟」

「これぞ天下一大五郎、変幼自在の快作」

完全密室、時刻表トリック、バラバラ死体に童謡殺人。

フーダニットからハウダニットまで、12の難事件に挑む名探偵・天下一大五郎。

すべてのトリックを鮮やかに解き明かした名探偵が辿り着いた、恐るべき「ミステリ界の謎」とは?

本格推理の様々な“お約束”を破った、業界騒然・話題満載の痛快傑作ミステリー。


レビュー1

本書「名探偵の掟」は、本格推理小説を飾る「密室」や「トリック」、「アリバイ宣言」、「ダイイングメッセージ」など、今では多くの読者にお決まりの「工夫」・「小細工」をめぐって、名探偵と称される天下一大五郎(彼が「密室アレルギー」という点で読者は失笑している)と(本当はそうでないが)脇役の大河原番三警部との軽快でユーモアに満ちたやり取りを踏まえてのある種の「講義録」のように私には思われた。

本書「名探偵の掟」には、既存の推理小説のあり方を作者東野圭吾自身が「メッタ斬る」という姿勢が全面に押し出されるとともに、読者にも本書「名探偵の掟」で扱われている内容を通じて(それらについて)再考してほしいという熱い願望が込められており、大いに読者の「食欲をそそる」内容だ。

読者が「試されている」といっても過言ではない。

巻末に付されたやや論文的な「解説」(脚注付き)も本書「名探偵の掟」の位置づけや、東野圭吾の作風の変化についての有益な内容を含んでいる。

目次をざっとみれば、プロローグからエピローグに至る全12章の内容は、推理小説のモチーフを類型化し、更にそれらについて名探偵と警部が辛辣な意見交換を繰り広げているというプロットそれ自体に読者は心を揺さぶられる。

彼らの会話の多くに、私は「腑に落ちる」というか「教えられる」感覚だった。

第5章「アリバイ宣言」に登場する犯人の名前が「蟻場耕作」というのは滑稽で、しかも天下一大五郎はその彼が考案した完璧なアリバイトリック崩しを放棄し、犯人から「ちょっと待って下さいよ。ヒントを出しますから」という痛快な展開である。

続く第6章で天下一大五郎が今度は美人OLに転じているのも面白い。

特に本章は現代批評的な趣があった。

「最後の選択」で読者は思わず唸るだろう。

名探偵を「犯人」にしてしまうという残された唯一の選択肢の意味について。

『名探偵の掟』というよりは、『名探偵の宿命』というところか。

東野圭吾の「挑発的な」本書「名探偵の掟」は怠惰な読者を覚醒させるに違いない。


レビュー2

本格推理小説のお約束。

でもそれってよく考えるとおかしくない?

暗黙のルール、ご都合主義にをばっさばっさと薙ぎ倒す。

登場人物が、小説世界を抜け出して本音を語る。

登場人物が小説世界と、こちらの世界を行き来するのが面白い。

ひとつの事件につき、ひとつのお約束を扱っている。

そして、このミステリー批評も面白いが、ただの批判で終わっていないのが良い。

本格推理小説が本当に好きでなければ、こんな作品は書けないでしょう。

作者東野圭吾の熱意というか意気込みがひしひしと伝わってくる。

登場人物の本音を通して、作者東野圭吾も本音を語っている。

コメディということで敬遠していましたが、これはファンなら読むべき。

東野圭吾の小説に対する考え方が見えてきます。



     ↓ ↓ ↓ 

point11_2.gif 「名探偵の掟 東野圭吾原作 文庫本」の詳細を見る


最近の記事
FX業者のスペック QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。