ウインクで乾杯 東野圭吾原作 文庫本 - 東野圭吾 おすすめ 推理小説 ランキング 文庫本 単行本 DVD

ウインクで乾杯 東野圭吾原作 文庫本

東野圭吾原作「ウインクで乾杯」文庫本

ビートルズの名曲に隠された真相!? 東野圭吾の密室推理

ウインクで乾杯 東野圭吾原作 文庫本

原作:東野圭吾

出版:祥伝社,ノン・ポシェット(文庫本)292ページ

発売:1992/05




「ウインクで乾杯」

パーティ・コンパニオン小田香子は恐怖のあまり声も出なかった。

仕事先のホテルの客室で、同僚牧村絵里が、毒入りビールを飲んで死んでいた。

現場は完全な密室、警察は自殺だというが…。

やがて絵里の親友由加利が自室で扼殺され、香子にまで見えざる魔の手が迫ってきた…。

誰が、なぜ、何のために…。

ミステリー界の若き旗手「東野圭吾」が放つ長編本格推理の傑作「ウインクで乾杯」。


レビュー1

いきなりの展開で「短編小説か〜」っと思ってたんですが(読む前はあらすじを読まないタイプなので…)さすが東野圭吾さん、最後までしっかり楽しませてもらいました。

主人公の女性ならではのしたたかさなど、人間の裏側もしっかり描写してあるので、気軽に楽しめる作品でもあり学ぶものもある作品でもあると思います。

続きが気になり、あっという間に読み切りました。


レビュー2

東野圭吾作品の中ではかなり軽めの作品。

主人公のコンパニオン香子が現代的な女性観に満ちたキャラクターで、推理の本筋とは関係ないところでも楽しめる作品になっています。

真犯人も、推理過程も東野圭吾作品にしては意外性が少なく、東野圭吾氏が「たまにはこういうオーソドックスな作品もいいかな」と思って書いた作品のような気がします。

通勤電車の中で読むのもよし、お酒でも飲みながら読むのもよし、とにかく気軽に楽しめる、東野圭吾ワールドの入門編のような作品「ウインクで乾杯」です。



     ↓ ↓ ↓ 

point11_2.gif 「ウインクで乾杯 東野圭吾原作 文庫本」の詳細を見る



この記事へのトラックバック
最近の記事
FX業者のスペック QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。