ダイイング・アイ 東野圭吾原作 単行本 - 東野圭吾 おすすめ 推理小説 ランキング 文庫本 単行本 DVD

ダイイング・アイ 東野圭吾原作 単行本

東野圭吾原作「ダイイング・アイ」単行本

俺をみつめるマネキンの眼。

そいつは、確かに生きていた。

誰もが少しずつ嘘をつき、誰かを陥れようとしている。

ダイイング・アイ 東野圭吾原作 単行本

原作:東野圭吾

出版:光文社(単行本)372ページ

発売:2007/11/20




「ダイイング・アイ」

誰もが少しずつ嘘をつき、誰かを陥れようとしている。

記憶を一部喪失した雨村慎介は、自分が交通事故を起こした過去を知らされる。

なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。

事故の状況を調べる慎介だが、以前の自分が何を考えて行動していたのか、思い出せない。

しかも、関係者が徐々に怪しい動きを見せ始める……。

俺をみつめるマネキンの眼。

そいつは、確かに生きていた。


レビュー1

数行だけとおもって読み始めたらあっという間に読んでしまいました。

恐怖でドキドキが加速したりゆっくりになったり。

東野圭吾作品の世界を楽しみました。

東野圭吾さんの作品は活字で読んだほうが楽しめますね。

頭の中で内容を映像化したほうが面白いです♪


レビュー2

これまでの作品の中で言うと、「変身」「パラレルワールド・ラブストーリー」「分身」などと同じような匂いがする。

しかしこれらは科学が生ん悲劇だったり殺人を描いているのに対して本作「ダイイング・アイ」は、「憑かれる」「催眠術」などといった非科学的な言葉が多く聞かれたので、そういう意味で言うと作者東野圭吾の新境地といっても良いと思う。

しかし、前にあげた作品と本作「ダイイング・アイ」の根底にあるものは全く同じ物だ。

それは、「人間の欲望」というもの。

主人公は謎の女に追われて、一時監禁もされて殺される直前まで追い込まれる。

その原因をつくったのは、「人間の欲望」。

また、その女が何故そのような行動をとったのか?

その原因をつくったのも人間の欲望。

本作「ダイイング・アイ」で一番読まなければいけないのは、「一番怖いのは人間の欲望」ということだと、読み終わったときに感じた。

人類がここまで発展してきたのは、いろいろあるけれど「欲」があったからだ。

だから「欲」は必要だ。

しかし忘れてはいけない。

「欲」は使い方を誤ると他人を傷つけるだけでなく、自分をも苦しめてしまうということを。

それを本書「ダイイング・アイ」を読んで学ばなければいけない。



     ↓ ↓ ↓ 

point11_2.gif 「ダイイング・アイ 東野圭吾原作 単行本」の詳細を見る


東野圭吾原作「ダイイング・アイ」文庫本はこちら

最近の記事
FX業者のスペック QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。