名探偵の呪縛 東野圭吾原作 文庫本 - 東野圭吾 おすすめ 推理小説 ランキング 文庫本 単行本 DVD

名探偵の呪縛 東野圭吾原作 文庫本

東野圭吾原作「名探偵の呪縛」文庫本

本格推理に引導を渡す!

東野圭吾「天下一」シリーズ最高峰!

ミステリ-ファン待望の特別書き下ろし長編精緻な推理、限りなき空想、そして息をもつかせぬ冒険の旅がいま始まる。

これぞまさに究極の知的エンタテインメント。

ミステリ-界の旗手「東野圭吾」渾身の意欲的長編推理。

名探偵の呪縛 東野圭吾原作 文庫本

原作:東野圭吾

出版:講談社(文庫本)288ページ

発売:1996/10/14




「名探偵の呪縛」

図書館を訪れた「私」は、いつの間にか別世界に迷い込み、探偵天下一になっていた。

次々起こる怪事件。

だが何かがおかしい。

じつはそこは、「本格推理」という概念の存在しない街だったのだ。

この街を作った者の正体は?

そして街にかけられた呪いとは何なのか。

名探偵の掟』の主人公「名探偵天下一」が長編で再登場。


レビュー1

かの迷作「名探偵の掟」の続編。

この本「名探偵の呪縛」単体で楽しめないことは無いのですが、先に「名探偵の掟」を読んでいる方が楽しめるつくりではあります。

内容的には本格推理をテーマとして、いろいろなトリックを紹介していくようなつくりですが、作者「東野圭吾」のテーマはまた別のところにあり、終盤近くの数ページは著者である東野圭吾さんの本音と思われる思いが綴られています。

これを読むと東野圭吾さんは、やっぱり推理小説を愛しているんだなあという感じを受けますね。

最後の一行に込められた思いは心に残りました。


レビュー2

ミステリー作家の「私」が図書館へ行くといつのまにか違う世界へ迷い込む。

そこでは「私」は探偵の天下一なのである。

そしてその世界の誕生の鍵をにぎる、記念館をめぐる争いに出会う。

そして、様々な怪事件が起こる。

それには必ず本格推理の要素が含まれている。

名探偵天下一はそれらの事件を次々と解決していく。

そしてついにその世界の誕生の鍵をにぎる禁断の本を見つける。

その作者とは……。

『名探偵の掟』(同作者)がおもしろかった人にはおすすめします。

連続短編集だった『名探偵の掟』に登場する主人公がでてくるミステリーの中のミステリーです。



     ↓ ↓ ↓ 

point11_2.gif 「名探偵の呪縛 東野圭吾原作 文庫本」の詳細を見る


東野圭吾原作「名探偵の掟」文庫本はこちら


最近の記事
FX業者のスペック QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。