さいえんす? 東野圭吾原作 文庫本 - 東野圭吾 おすすめ 推理小説 ランキング 文庫本 単行本 DVD

さいえんす? 東野圭吾原作 文庫本

東野圭吾原作「さいえんす?」文庫本

「こいつ、俺に気があるんじゃないか」―女性が隣に座っただけで、男はなぜこんな誤解をしてしまうのか?

男女の恋愛問題から、ダイエットブームへの提言、野球人気を復活させるための画期的な改革案、さらには図書館利用者へのお願いまで。

俗物作家ヒガシノが独自の視点で綴る、最新エッセイ集。

さいえんす? 東野圭吾原作 文庫本

原作:東野圭吾

出版:角川書店(文庫本)186ページ

発売:2005/12




「さいえんす?」

人気作家東野圭吾の最新エッセイ集、文庫オリジナルで登場!

「科学技術はミステリを変えたか?」「男と女の"パーソナルゾーン"の違い」「数学を勉強する理由」……

元エンジニアの理系作家が語る、科学に関するあれやこれや。

人気作家東野圭吾の最新エッセイ集が文庫オリジナルで登場!


レビュー1

東野圭吾さんは工学部を出て、技術職をしていた経歴があることから、科学技術に関する内容となっています。

科学技術に関する内容といっても特に難しいことが書いてあるわけではなく、誰でもわかる内容です。

理系と文系の間にある見えない壁を越えた著者東野圭吾の私見と言ったところ。

途中からどういうわけか野球の話とか出版業界の話になっていますがこのあたりが、"さいえんす"に"?"がついている理由でしょうか。

こちらもすばらしくおもしろいです。

日本プロ野球3リーグ制の提案、北京オリンピックの金メダル予想などなど。


レビュー2

タイトル通り科学をテーマにしたエッセイ集。

「さいえんす?」とちょっとふざけているあたりが絶妙で、科学といってもそんなに難しい話はでてこない。

気軽に読める楽しいエッセイ集だ。

しかし、大人たち自身が「数学はいらない」と思いながら子供にそれを強要しているとか、若者たちに温暖化しているから節約しろといっても、「お前らおじさん世代のせいだろ」という正論に反論できるかなど(文体は全然違います)いくつかの問題提起は真摯かつ心に響くものがある。

インターネットなども出てくると、これが書かれた4・5年前でさえ、一昔前に感じられる。

いかにITがこの数年で大きく進化したかが分かる。

しかしIT進化によるコミュニケーション力の欠如など使う側の問題は少しも進歩していないようだ。



     ↓ ↓ ↓ 

point11_2.gif 「さいえんす? 東野圭吾原作 文庫本」の詳細を見る


最近の記事
FX業者のスペック QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。