手紙 東野圭吾原作 単行本 - 東野圭吾 おすすめ 推理小説 ランキング 文庫本 単行本 DVD

手紙 東野圭吾原作 単行本

東野圭吾原作「手紙」単行本

兄は強盗殺人で服役中。

その時、弟は…。

断ち切られた兄弟の絆。

希望なき世界を彷徨う人生。

いつか罪は償われ、傷は癒されていくのだろうか。

『毎日新聞』日曜版連載、東野圭吾「手紙」待望の単行本化。

手紙 東野圭吾原作 単行本

原作:東野圭吾

出版:毎日新聞社(単行本)357ページ

発売:2003/03




「手紙」

本格推理から学園ミステリー、パロディー小説や絵本など、さまざまな作風で読者を魅了しつづける著者東野圭吾が、本書「手紙」でテーマに据えたのは、犯罪加害者の家族。

犯罪が、被害者や加害者だけではなく、その家族にまで及ぼす悲しい現実を見据えた意欲作である。

殺人犯の弟という運命を背負った高校生が成人し、やがて自分の家族を持つにいたるまでの軌跡を、大げさなトリックやサスペンスの要素を用いることなく、真正面から描ききっている。

武島直貴の兄・剛志は、弟を大学に入れてやりたいという一心から、盗みに入った屋敷で、思いもかけず人を殺めてしまう。

判決は、懲役15年。

それ以来、直貴のもとへ月に1度、獄中から手紙を送る剛志。

一方で、進学、恋人、就職と、つかもうとした人生の幸福すべてが「強盗殺人犯の弟」というレッテルによって、その手をすり抜けていく直貴。

日を追うごとに、剛志からの手紙は無視され、捨てられ、やがて…。

1999年に刊行された『白夜行』以降、著者東野圭吾は『片想い』 『トキオ』など、連載小説という発表形態を通じて、読み手を飽きさせないだけのストーリーテリングの実力を確実に身につけてきた。

新聞連載された本書「手紙」も、バンドデビューや窃盗事件などの出来事を積み重ね、そのつど揺れ動いていく直貴の心の危うさを巧みに演出しながら、物語を引っ張っていく。

しかしながら読み手は、たえず居心地の悪さを感じずにはいられないだろう。

なぜなら、直貴に向けられる差別は、私たち自身の中にも確実に存在するものだからである。

「差別や偏見のない世界。そんなものは想像の産物でしかない」と言い切る直貴の言葉が、ずっしりと心に響く。


レビュー1

ここ最近、犯罪者の家族を描く作品をよく見かける。

八日目の蝉や悪人などがそれである。

そしてこの作品を含め、犯罪者の家族は人生を大なり小なり狂わせているように描かれてる。

その要因の一つとしてメディアが挙げられるように思う、それは犯罪者を血も涙もない鬼のように描き、被害者側を悲劇のヒロインのように描く。

犯罪者の陰に見え隠れする優しさや苦悩は一切無視である。

当然、犯罪は許されることではないが、これでは被害者側の家族が社会から居場所を失うのは必然だ。

奴らが騒がなければ、もっと多くの人が平穏に暮らせるのではないかと思う。

「手紙」の主人公は過激な報道だけのせいで苦しんだわけではないが、そんなことを感じさせられた。

長々とメディアのことを語ったが一番印象的であったのは、社長の差別を受けるのは当然という、歯がゆいが的を外していない意見を主人公に伝える場面であった。


レビュー2

弟の大学費用を調達する為に強盗を決意する兄。

が、誤って人を殺めてしまう。

殺人犯の弟というレッテルを貼られた人間は、とてつもなく厳しい世間の風にあってしまう。

暗く、悲しい物語「手紙」。

前にテレビで刑務所の特集をしていた。

その時にある受刑者がこの小説を読んでいた。

あの人はきっと肌が粟立つような感覚を覚えたことだろう。

罪を犯すデメリットは、自分の想像を絶するものだと弁えておかなければいけない。

誰にでも、この小説の兄のように凶悪な犯意がなくとも、「魔が差す」場合があるのかもしれない。

そして、いつ「加害者」「被害者」になってしまうのか分からないのだ。

未然に防ぐためには何をすべきなのか。

差別を無くすためにはなにをすべきなのか。

学校の教科書に載せて欲しい一作。



     ↓ ↓ ↓ 

point11_2.gif 「手紙 東野圭吾原作 単行本」の詳細を見る


東野圭吾原作「手紙」文庫本はこちら


最近の記事
FX業者のスペック QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。