赤い指 東野圭吾原作 単行本 - 東野圭吾 おすすめ 推理小説 ランキング 文庫本 単行本 DVD

赤い指 東野圭吾原作 単行本

東野圭吾原作「赤い指」単行本

犯罪を越えたその先に、本当の闇がある。

二日間の悪夢と、孤独な愛情の物語「赤い指」。

赤い指 東野圭吾原作 単行本

原作:東野圭吾

出版:講談社(単行本)278ページ

発売:2006/7/25




「赤い指」

直木賞受賞後第一作「赤い指」。

構想6年の後に書きあげられた書き下ろし長編小説、ついに登場!

身内の起こした殺人事件に直面した家族の、醜く、愚かな嘘に練馬署の名刑事、加賀恭一郎が立ち向かう。

ひとつの事件を中心に描き出されるさまざまな親子像。

東野圭吾にしか書き得ない、「家族」の物語。

放課後』でのデビューから数えてちょうど60冊目にあたる記念碑的作品「赤い指」。


レビュー1

少子高齢化、介護問題を扱った社会派ミステリー「赤い指」。

事件を追っていくごとに、明らかになっていく闇、家族愛。

いたって良作。

介護問題もそうだが、それよりも少年が印象的だった。

いわゆるゆとり。

これも少子化の影響なのか。

いろいろ考えされられます。

最後の謎ときには賛否両論あるようです。

個人的には、社会的メッセージをのせた「ミステリー小説」として読むのがいいと思います。

この終わり方は「さまよう刃」に近いでしょうか。

総じて良作だと思います。


レビュー2

こういう人いるなあというようなリアルな人物像です。

外から見ると、ごく普通の家庭が舞台になります。

ご主人の義母(認知症)が同居しています。

家庭に問題があっても面倒から目をそむけ、自分は仕事と女に逃げるご主人。

子供の問題は妻に、両親の介護は妻が折り合いが悪いため自分の嫁いだ妹に丸投げする、よくあるタイプのご主人です。

妻はといえば義母の一戸建ての家ほしさと世間体から折り合いが悪い義母と同居するという打算的な性格です。

そして一人息子を溺愛し、理不尽な子供の要求にも唯々諾々と従うだけで本当の躾ができない母親。

その息子(中学生)、直己が幼女を殺してしまいます。

それも住んでる家の中で。

事なかれ主義のご主人も、勝気でただただ息子を溺愛しているだけの奥さんも崖っぷちにたたされます。

そして最後はどんでん返しが待っています。

わたしはあまり東野圭吾の本を読んでいませんが印象的な心に残る一冊でした。



     ↓ ↓ ↓ 

point11_2.gif 「赤い指 東野圭吾原作 単行本」の詳細を見る


東野圭吾原作「赤い指」文庫本はこちら

東野圭吾原作「赤い指」DVDはこちら


最近の記事
FX業者のスペック QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。