ちゃれんじ? 東野圭吾原作 文庫本 - 東野圭吾 おすすめ 推理小説 ランキング 文庫本 単行本 DVD

ちゃれんじ? 東野圭吾原作 文庫本

東野圭吾原作「ちゃれんじ?」文庫本

いつ連絡してもつかまらない…編集者の嘆きもどこ吹く風?

スノーボードに熱中する日々を綴った人気作家のエッセイ集。

『月刊ジェイ・ノベル』掲載エッセイのほか、書き下ろし短編「おっさんスノーボーダー殺人事件」も収録。

ちゃれんじ? 東野圭吾原作 文庫本

原作:東野圭吾

出版:角川書店(文庫本)253ページ

発売:2007/06




「ちゃれんじ?」

ひょんなことがきっかけでスノーボードを始めた。

あっという間に虜になってしまった。

原稿を切り上げ雪山に通う日々。

除除に上達していくのが楽しくてしようがない。

自称「おっさんスノーボーダー」として、奮闘、転倒、歓喜など、その珍道中を自虐的に綴った爆笑エッセイ集。

その他、カーリング、ワールドカップ観戦など、初モノに次々と「ちゃれんじ」しちゃいました。

短編小説「おっさんスノーボーダー殺人事件」も収録。


レビュー1

東野圭吾さんは2002年2月44歳のときに突如としてスノーボードを始めた。

そしてのめりこんだ。

一つのことに打ち込む東野圭吾さんの集中力がうかがい知れるとても面白いエッセー集だ。

シーズンの最初から最後まで目一杯スキー場に通い、さらにシーズンオフには今はなきザウスで週イチのペースで練習し、腕をめきめき上げていったことがよくわかる。

ザウスの閉鎖に関してもここで初めて知った話も多く、興味深く読むことができた。

エッセーに混じって短編小説も3本入っている。

軽いどんでん返しみたいなのもあって、さすが東野圭吾と唸らせる。

スノーボードに疎い私は、最後の短編のトリックにすっかり感心してしまった。

人は歳をとるにつれて上達の喜びを味わう機会が少なくなる。

しかし、上達の味わいは歳に関係なく人を高揚させる。

スノーボードが若い人のスポーツだと決める必要はまったくなく、やりたいと思う人はいつでも始めればいいのだ。

あらためて当たり前のことに気づかせてくれた。

やる気がもりもり沸いてきた。


レビュー2

スノーボード…といえば「若者」というイメージがある。

この本「ちゃれんじ?」は、そんな私たちの認識を覆すものである。

作家である東野圭吾氏は、40代という年齢にもかかわらずスノーボードに挑戦していく。

それも、半端なのめりこみようではない。

雪を求めて、東京から月山まで行ってしまうのだ。

スノーボードに魅了された東野圭吾氏のはしゃぎぶりが微笑ましい。

途中、アクシデントに見舞われたりもするのだが、それでも東野圭吾氏はスノーボードの大技に挑戦する。

もう、雪が彼を呼んでいる……そんな感じだ。

おまけ小説や、小説からは分からないプライベートなことまで惜しげもなく綴られている。

ファンには垂涎モノの本だと思う。

ぜひ、一読を!



     ↓ ↓ ↓ 

point11_2.gif 「ちゃれんじ? 東野圭吾原作 文庫本」の詳細を見る


最近の記事
FX業者のスペック QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。